同窓会

同窓会

先の3連休の中日,小学校の小3・4時代の同窓会がありました。

少し前に別の同窓会でたまたま再会したという級友2人が企画してくれました(本当にありがとう!)。

先生ご自宅の「離れ」で開催された同窓会は,本当に楽しかったです。

 

参加者は,担任の先生,男子6名,女子9名,オランダからビデオレターをくれた男子(なぜか再生不能でしたが・・・)が1名でした。

途中で転校して行ってしまった級友や私立中学に進学した級友だと,会うのは約30年ぶり・・・。

最初は,女子は男子のことがわからず,男子は女子のことがわからなかったみたいです。

話を聞けば,私は,どうも,当時,男子をいじめるのが得意だったようで・・・,参加男子から「いじめられてた」と苦情が出たりしました・・・。

それにしても,なんでしょう,小3・4で過ごした時間は極めて濃密で充実していたようで,30数年ぶりにもかかわらず,みんなすぐに打ち解けたのはもちろんのこと,当時のことをまるで昨日のことのようにみずみずしく語っていました。

今に至る人生は,みな様々でしたが,素敵な大人になっていて,明日からまたがんばろう!と本当に勇気をもらいました。

先生は75歳を超えられてもなお精力的にいろいろな活動をされていて,朗読をされるお声は,昔となんら変わりがありませんでした。

 

先生には,当時,国語の能力を徹底的に鍛え上げていただきました。

今の私があるのは先生のおかげだと深く感謝しています。

再び,先生に,級友達に会える日を楽しみに,それまで頑張りたいと思います。

 

同窓会当日,参加者全員が,それぞれが当時書いた作文を先生から見せられました。

先生の宝物らしく,持ち帰りは禁じられましたが,写真を撮ってきました。

最後にそれを紹介します,当時,先生がいかにユニークな教育をされていたか,少し伝わるのではないでしょうか。

小3終了時でのこの文章,どんな評価だったのかなあ(笑)。

 

 

                                (2016.9.22 弁護士 久保田有子)