会社の従業員向けコンプライアンス教育

会社の従業員向けコンプライアンス教育

今日は,朝から,顧問先会社の従業員向けコンプライアンス勉強会を開催しました。

今回が2回目です。

非常にコンプライアンス意識の高い会社で,従業員向けではありますが,役員の方々も参加されています。

弁護士が単発ですることの多い労働問題や情報管理等の旬なテーマは敢えて外し,法律の基本的な考え方を身につけてもらうことが今回の勉強会の目的です。

そのため,全6回シリーズで,民法,刑法,会社法,裁判手続について勉強してもらうことにしました。

前回は,民法1として,行為能力,意思表示,代理について。

今回は,民法2として,契約について。

次回以降もテーマは決まっています。

時間が限定されていますので(みなさん,お仕事の時間中に参加してくださっていますので),本当に基礎の基礎をかいつまんでダーッと進めなければなりません。しかし,参加者のみなさんはとても熱心に勉強してくださいました。

民法の基本的なところが日常業務にダイレクトに関わっていることを実感してもらえ,とても良かったと思います。

法務部担当者だけでなく,営業,総務,経理の担当者も共通のリーガルマインドを醸成することはとても大切なことです。

もちろん,会社の経営層が同じ意識を持つことも大切ですよね。

一回限りの勉強会で満足するのではなく,継続的に勉強していただければ,とても強い会社になること間違いなしです。

2017年2月15日 弁護士檜山洋子