遺言・相続・遺産分割について

 
相続・遺産分割特集


相続は,ほとんどの方がその一生のうちに経験される出来事です。

遺言もなく,相続人がお一人のみであれば,遺産分割は必要ではなく,弁護士のサポートが必要ないケースがほとんどかもしれません。

しかしながら,遺言があった,複数の相続人がいるなどのケースでは,法律の正しい知識を持った上で相続問題の解決に臨むべきだと思われます。

遺産分割では後で不服を述べて遺産分割の結果を覆すことはほぼ不可能です。

また,冒頭にも述べたように,相続は,ほとんどの方がその一生のうちに経験される出来事であるにもかかわらず,相続に関する法律(民法)は非常に複雑であり,近時,重要な判例も次々と出ています。

したがって,相続問題については,弁護士のサポートが非常に重要だといえるでしょう。

当事務所には多数の相続・遺産分割事件を解決してきた経験豊富なベテラン弁護士からフットワークの軽い情熱溢れる若手弁護士まで個性に富んだ弁護士が多数在籍しています。皆で連携を取り合いながら,依頼者の方にご満足・ご納得いただける事件解決を目指します。